始まりは恋のトキメキ?!

易経は上経と下経に分かれています。

上経は基本を、下経は変化を表しているそうです。


下経の始まりの卦は澤山咸(たくざんかん)なんですが

なんとこれが恋の始まりの卦なんです。


「咸は感なり。二気感応してもって相い与するなり。

止まりて悦び、男は女に下る。」



どうよどうよ。いいでしょ~。

下経の筆頭にこんな素敵な卦をもってくるなんて、

聖人たちの粋な計らいに

ちょっと感動しちゃう私です。



「その感ずるところを観て、天地万物の情見るべし。」



世の中に一見ムダとも思えるような

さまざまなものが存在している訳は、

男女が惹かれあうことを観れば解るだろって、言ってます。



「君子もって虚にして人に受く」



恋の道にはごちゃごちゃ理屈を言わんと、

あたたかく見守りましょとも言っています。


咸 彖伝 象伝からでした!

(易経 下 高田真治・後藤基巳:訳 岩波書店)