わびとさび

鼎易館 館主 鼎健一先生の読書会でした。
こじんまり(^-^)営業ムードなしなし(笑)の純粋な会です。

課題本“禅と日本文化”鈴木大拙著
海外向けに、禅の教えが浸透している日本文化を伝えるためにかかれた本です。

「わびは貧困です。さびは孤独です。」
なんとまあはっきり言ってくれちゃったのね。。

茶花道、俳句、落語など、余分をそぎとった中に、
究極の美を見出すのが日本人の本質らしい。な~んて強いんだろう。

貧しい土壌で、さまざまな文化を取り入れてきた私たち。
自己主張はしないけど、かなりキビしい目を持っているのかも。