実録○○のミステリー

日曜日の夜。まったりムードでテレビを観ていたら、
「実録これが○○のミステリー」とかいう番組が始まりました。

テーマのひとつに「洗脳」を取り上げていましたが、
テレビらしく、海外の事件を基に奇をてらった内容?・・・でもない!!


実は、私は遠い過去に同じ手法を使う人と仕事をしたことがありまして。。
私が関わっていた時期は法に触れる出来事がなかっただけで、
人をコントロールする手法は極似。


私は騙されないと思っていましたが、そんなものは本当にあてにならない。
結局私もまんまとやられました。
途中から疑いを持ち始めましたが、
それも洗脳する側から見ると、洗脳を深めるチャンスになり得るのです。


だから、疑いがよぎったなら、
それを当人にぶつけてはダメです。
主観的な情は抑えて、事実を客観的に視てしばらく観察することが大切。


そして、鉄の意志で離れるのです。
必要ならばだれかの助けを借りましょう。


洗脳を仕掛ける人間は、“相手の弱み”を最初に掴みます。
人の弱みというものは、寂しさや人生の失敗はもちろん、
努力して目指している純粋な目標すらも
彼らは“相手の弱み”として利用します。


人はだれでもそんなに強くないので、自分自身の弱みをしっかり理解することも大切です。


遠い他国の出来事ではありません。
すぐ隣に、いくらでも転がっているミステリーです。