夢のメッセージ

「夢は、願望充足の加工された一つの形である」・・・フロイト

 

 

「夢は、その人の生きられない陰の部分を補完するものである」・・・ユング

 

 

さてさて、昨晩の私の夢はどちらの解釈が正しいのか。

 

それは、どちらも正しい。

 

何年経過しても、あきらめきれない思いの残る出来事があったりする。

 

お昼間起きていて、現実の世界を生身の身体を携えて生きている私は、

 

その一連の出来事を否定する立場をとるしかないわけで、

 

大切なものを守るために、切り捨ててきた部分だ。

 

ちょっとがんばれば、冷静に判断して切り捨てて環境を整えるのは簡単だった。

 

でも、心の奥底には、だれにもいえない思いが残る。

 

 

私の心は、それを切り捨てずにいる。

 

それを守っていることを、夢が教えてくれた。

 

美しく加工されて、尚且つ私の心を完全な形にする完璧な夢。

 

起きたばかりの30秒間、暖かい涙が流れた。

 

ありがとう。夢。